ソフトウェアテスト・評価検証のプロフェッショナル

Qualist

プロジェクトの上流工程から参画し、ソフトウェア品質の向上に貢献致します。

私たちがクオリスト

私たちは、少数精鋭のソフトウェアテストサービスを提供する部隊を目指しております。その精鋭をQualist(クオリスト)と呼んでおります。

テスト・検証実績

エイネットは、15年以上に渡りソフトウェアテストサービス、ソフトウェア評価サービスを提供して参りました。

Newsニュースリリース

2018/12/03
東京地区の営業強化、株式会社デジタルハーツとの連携強化を目的に、東京営業所を東京都新宿区に移転しました。
2018/11/30
当社はISTQBのパートナープログラムにおいて、Gold Partnerに認定されました。
2018/11/01
医療システムの検証PJがスタートしました。デジタルハーツ社とのコラボレーション受注の案件となります(今後、with DHと表記します)。
2018/08/31
当社は株式会社デジタルハーツホールディングスのグループ会社となりました。今後も同グループ一員として、エンタープライズ分野におけるソフトウェアテスト、検証サービスを提供してまいります。

Test・Verificationテスト・検証サービスについて

Software testingテスト・検証サービス

詳細はこちら

Automation testテスト自動化

詳細はこちら

Security testセキュリティテスト

詳細はこちら

Nearshore testニアショアテスト

詳細はこちら

Strong domain医療システム

詳細はこちら

We are Qualist私たちがクオリスト

詳細はこちら

Division of laborソフトウェア開発は分業の時代です

IT製品や業務用アプリケーション、また各種社会インフラは、 その中で重要な役割を果たすソフトウェアの構造が複雑化・巨大化し、 従来のような開発者自身がテストし品質を確保することが難しくなってきました。
時代の流れとともに、このソフトウェア品質の課題に対し、ソフトウェアのテスティングサービス、第三者検証サービス、デバッグサービスを提供する会社も出てきました。私たちエイネットも、ソフトウェアテストのプロフェッショナルであるQualist(クオリスト)による、ソフトウェアテストや評価検証サービスを展開しております。Qualistがプロジクトの上流工程から参画し、テストの目的やスケジュール、テスト条件の定義といったテスト計画の立案から、テスト基本設計、詳細設計、テストの自動化、テストチームマネージメント、ソフトウェア品質の分析など、品質に関する様々なサービスを提供致します。

Development site開発現場は百社百様

テスト会社には、常に新しいテスト技術を開発したり最新のテスト環境を維持し、品質向上のソリューションを提供する会社があります(Atype)。もちろん素晴らしいサービスですが、恐らく費用が高くつきます。またアルバイト等を大量確保し、質より量のテストを提供する会社もあります(Btype)。恐らく安い費用で済むでしょうが、高品質なテスト(アウトプット)は期待できないでしょう。

エイネットは、15年以上に渡りソフトウェアテストサービス、ソフトウェア評価サービスを提供して参りました。もちろん教科書通りのテストプロセスや、テスト手法(機能テスト、システムテスト、セキュリティーテスト、ユーザビリティーテスト…)もたくさん行って来ました。今でも、多くの現場で行っております。ただし当社の基本的なスタンスは、お客様の開発現場は百社百様!です。俗に言われる「要件定義書」「機能仕様書」「性能仕様書」…、しっかり作成・メンテナンスされている会社様もあれば、ドキュメント類がほぼ皆無といった現場もあります。テスト文化がしっかり根付いている会社様(当社のような会社にテストリソースを求められます)もあれば、テストは時間があれば開発者様が行っているという現場もあります。

私たちは教科書通りのソフトウェアテスト、ソフトウェア評価、テストプロセスももちろん提供しますが、お客様の実情やご要望にあったテストサービスの提供を心掛けております。ですので、特にテスト業務を外部に委託された事のないお客様に対し、教科書通りのテストプロセスやテスト手法を無理に提案したり押し付けたりもしません。現場に受け入れられ、最終的にお客様の目的が達成されること(例えば、目標の品質で製品が出荷できること)が、我々の目的です。

Software Testing by ANETエイネットのソフトウェアテストサービス

マーケティングの世界では、(恐らく業界を問わず)差別化の軸として「商品軸」「手軽軸」「密着軸」の考え方があるようです。当社を含め3つのスタイルのテスト会社、検証会社の例を記載しましたが、Atypeが「商品軸」、Btypeが「手軽軸」なら、当社はCtype「密着軸」を基本としております。

これ以外にも、皆様の現場だけのソフトウェア品質に関するお悩みはたくさんあるかと思います。どんなお悩みでも構いません。業界No.1の密着型ソフトウェアテスト会社を目指す、私たちエイネットまでお気軽にご相談ください。

ページトップへ